iPhoneとアンドロイドの違い

若年層を中心に今日急速な広がりをみせているスマートフォン市場。


かつてはスマートフォンは利用料金が高いというイメージがあったり、バッテリーがすぐになくなってしまうなどのネガティブな面が多かったため、スマートフォンへの以降を敬遠する人も多くいたのですが、今日ではこれらの問題がクリアになり、多くの人がスマートフォンへ移行しているのです。

現在国内で主に販売されているスマートフォンのOSは大別して2種類に分けることができます。iOSを搭載したiPhoneとアンドロイドOSを搭載したアンドロイドスマートフォンです。これらのスマートフォンはどのような点に違いがあるのでしょうか。

今、注目のiPhone6の最新情報を掲載しています。

iPhoneは直観的な操作ができ、セキュリティー機能も高いので、機会が苦手という人でも比較的簡単に扱うことができます。

iPhone6の発売日の新しい魅力を紹介します。

スマートフォンの目玉機能であるアプリの導入も厳しく管理された専門ストアからダウンロードすることとなるため、ウィルス感染への心配がないのです。

初めてスマートフォンを使うという人にはiPhoneはうってつけと言えるでしょう。

一方でアンドロイドスマートフォンは、自由度の高さが特徴的となっています。



ウィジェットと呼ばれるアプリをホーム画面に設置することで、より自分仕様に取り扱うことができ、便利になります。


カスタマイズ性があるという面で大きなアドバンテージがあると考えられるのです。

ただし、アンドロイドスマートフォンは、iPhoneに比べてセキュリティ面にやや不安があるので、アンチウィルスソフトの導入は必須となります。